コミュニケーション心理学を一から学べるスクール比較

HOME >  おすすめのNLPスクール比較 >  シナジープラス

シナジープラス

シナジープラスは、DVDを利用した通信講座など独自の方針を打ち出し、受講者のニーズに対応しているスクールです。

DVDを使った通信講座が特徴

このスクールは、通学タイプのセミナーだけでなく、DVDを使った通信講座を開設している点が特徴です。

NLPスクール自体は増えてきているとはいえ、地方によっては仕事をしながら10日間セミナーに通うのが困難だという場合もあるでしょう。そういった場合、通信講座も具体的な選択肢として検討範囲に入ると思います。

もっとも、NLPは他者とのコミュニケーション向上を図るための実践的プログラムですから、トレーナーが目の前にいて、他の参加者とも交流できる、通学タイプに参加するほうがベターではあります。

セミナーのダイジェスト映像も公開中

初心者向けサービスとして、メルマガに登録することで、「NLPはじめてキット」が無料でダウンロードできる特典もあります。キットの内容は以下の通りです。

1.無料動画レクチャー(ストリーミング映像)
NLP入門セミナーや2日間速習NLPセミナーのダイジェスト映像や、スクールの各種セミナーやコースの案内映像などです。2日間速習NLPセミナーのダイジェスト映像は、スクールのホームページでも公開されています。

2.無料ワーク集(PDFファイル)
「いつでもモチベーションアップできる魔法のNLP重要ワーク集」というタイトルのドキュメントで、NLPの6つの重要ワークを詳しく解説したワーク集です。これも、見学会に参加する時間がなかなかとれないという方には有効な判断材料になりますね。

2日間速習NLPセミナーのダイジェスト映像では、講義内容の一部を見ることができるのですが、トレーナーの講義シーンだけでなく、参加者同士のコミュニケーションによる体験ワークや、感想なども盛り込まれているので、スクールの雰囲気もかなりリアルに伝わってきます。

様々な職種の方々が参加していて、大半の感想はビジネスに役立ちそうというものでしたし、ただ講義を聞くだけではなく、身体を動かしたり、コミュニケーションの失敗事例で笑いが起きたり、和やかな中にも実用性の高さが感じられるものです。

また、このスクールは、NLP講座の他にも、英会話や食生活、心身のケアといった講座も開設しています。これは、脳・心・食・体・語学を複合したセルフマスターメソッドの考え方で、心技体の融合を図るというもののようです。

【スクールの主な特徴】

組織
・文部科学省や上場企業の研修実績あり
・代表の三宅氏は、経済産業省や文部科学省のプロジェクトなどにも参画
トレーナー
・トレーナーは全員専任講師
シナジープラス代表、米国NLP協会認定NLPトレーナーの三宅 裕之 氏
日本NLPコーチング協会エグゼクティブトレーナーの世古 詞一 氏
米国NLP協会認定NLPトレーナーの石川 裕子 氏(外部講師)
コースと資格
・コースの種類
DVD版 NLP入門セミナー:1,980円
2日間速習NLPセミナー:2日間  93,000円
米国NLP協会認定NLPプラクティショナーコース:6日間  375,000円
米国NLP協会認定NLPビジネスマスタープラクティショナー資格コース:6日間  375,000円

・取得できる公式認定書
米国NLP協会認定書

・取得できる資格
NLPプラクティショナー
NLPビジネスマスタープラクティショナー

受講後のフォロー
・交流会&セミナーとして、「シナジープラス・ワークショップ」(特別セミナー)の開催実績あり
その他
DVDを使った通信講座がある
英会話や食生活、心身のケアなどを含めて脳・心・食・体・語学を複合的に上げていくセルフマスターメソッドを導入